• ホーム
  • 月経調節のためにピルを処方してもらうなら産科で

月経調節のためにピルを処方してもらうなら産科で

葉の上にあるカプセル

女性の方の多くは何かしら月経に悩みを持っています。
月経前に生じる倦怠感やイライラなどの生理前症候群で悩んでいる方、ひどい生理痛や出血で仕事や生活に支障の出る方、生理不順で悩んでいる方など、その内容は様々です。
月経前の肌荒れに悩む方も多くいます。
そんな月経に関する悩みの原因の多くは女性ホルモンです。
女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種類があります。
生理二週間前までは卵胞ホルモンが多いのですが、生理前になると黄体ホルモンの分泌が急激に増えます。
卵胞ホルモンは女性らしい身体作りや自律神経に作用しており、黄体ホルモンは妊娠をサポートする作用があります。
このホルモンバランスが急激に変わることにより、生理前症候群が生じるのです。
また、黄体ホルモンの分泌が多いとひどい生理痛や頭痛を引き起こします。
そして黄体ホルモンには皮脂の分泌を促す作用もあるため、普段より皮脂が過剰分泌されてニキビができやすくなるのです。
このように月経における諸症状の原因は女性ホルモンの乱れです。
しかし、このバランスの乱れを調節できれば、症状の改善も期待できるということです。
そんなホルモンの調節ができるのがピルです。
ピルというと避妊薬のイメージが強いですが、ピルには女性ホルモンが配合されています。
そのため服用することで体内の女性ホルモンのバランスを整えることができるのです。
そのためひどい生理諸症状を改善するためにピルを普段から服用している方もいます。
ピルを飲めば、生理前症候群やひどい腹痛などの症状は緩和されます。
また、生理不順も改善することができます。
このような効果のあるピルは産科で診察を受ければ処方してもらえます。
生理諸症状でお悩みの方は、一度産科に相談しに行くことをおすすめします。