• ホーム
  • 更年期や閉経後の人のピルの服用について

更年期や閉経後の人のピルの服用について

女性には定期的に訪れる月経が完全に停止して、赤ちゃんを産むという機能が終わった状態になるのが閉経ですが、実際に閉経を迎える前後の数年間にわたって、月経とは切り離せない関係にある女性ホルモンの分泌量が減少するなどの身体的な変化がおとずれる切り替わりの時期のことを更年期とよんでいます。
こうした年代の人が避妊を目的としてピルを服用することについてですが、閉経後はそもそもピルで避妊をする必要がないとしても、更年期でまだ月経が続いているという人については、引きつづき使用をすることはあり得るものです。
ただし、この年代にあたる40歳以上の女性がピルを服用する場合については、血栓症になりやすいという、ピルの副作用が出やすくなってしまう可能性がありますので、医師と相談の上で服用をするようにしたほうがよいといえます。
また、更年期の最中にはホルモン量が安定しないことから、身体のほてり、頭痛、発汗などといった身体的な症状や、無意味にいらいしたり、怒りっぽくなるといった精神的な症状があらわれやすくなり、これらを更年期障害とよんでいます。
本来はまだ更年期になっていないはずの若い世代でも、仕事のストレスや睡眠不足などから、ホルモンバランスがくずれてしまい、やはり更年期障害に類似した症状が発生する場合があります。
避妊用のピルには女性ホルモンが含まれていることから、実は更年期障害のような、ホルモンバランスの異常にともなう症状が改善する可能性があり、特に若い世代の人にはその目的で処方されることがあります。
40代以上の更年期障害の人には、ピルと同様の女性ホルモンを含むものの、その含有量が一般的なピルよりも少ない、専用のホルモン剤などが投与されるのがふつうです。

サイト内検索
アーカイブ