• ホーム
  • ピルでホルモンと生理サイクルを調節するスポーツ選手

ピルでホルモンと生理サイクルを調節するスポーツ選手

笑顔の女性

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つの働きで、排卵を抑制する効果を持ったピルは、避妊薬としての効果の高さばかりが注目されています。
しかし避妊薬としてではなく、生理通の改善や生理周期の安定化を目当てに服用している人も多く、賢い使い方をする事で身体のストレスを取り除く事が可能です。
世界ではスポーツの記録を伸ばすためにピルを愛用している人もおり、競技の試合がある予定日と、生理周期をずらすためにピルを服用しています。
生理が起きてしまうと身体能力にも大きな違いが出てくるために、生理のせいで試合に出るのを辞退するという人も少なくありません。
そんな悲しい事態にならないためにも、生理周期をずらすためにピルを服用したり、ただ生理痛を減らす事ができたら十分だと考える人もいます。
スポーツ選手の場合は通常の避妊用の製品とは違い、旅行用ピルを服用している事が多いです。
旅行用の製品は中用量ピルを長期間飲み続ける事によって、生理周期を変化させる事ができます。
試合が終わってから旅行用ピルの服用を止める事で、生理が再び訪れるというサイクルを作り出せるという点でスポーツ選手から重宝されています。
旅行用と呼ばれている通り、スポーツ選手だけでなく一般女性も愛用しており、旅行中に生理に苦しまされる可能性を大幅に下げる事が可能です。
しかし中用量のピルは吐き気が催すといった副作用が出る場合もあるので、試合が始まる時間帯を意識しながら服用しなければいけません。
禁止薬物リストには入っていない薬だからこそ、安心して利用できると考えている人も多いのですが、その扱いには少しばかり注意が必要です。
そこまで大きな吐き気を催さない人も多いために、必ず副作用に悩まされるわけではありません。